そんなに儲かる?資産運用

不動産投資は広い地域で行う

不動産投資は他に仕事を持っている兼業投資家にも人気のある投資対象です。不動産投資が上手くいって不動産の数を増やしていくと当然考えられる最大損失は大きくなっていきます。多くの不動産を所有して運用する場合に一番避けなくてはならないのは所有してる不動産の相場が全て急激な暴落をしてしまう事です。それを避ける為には国内の中でも様々な地域に分散したり、海外に分散する事です。急激に相場が暴落する場合その国の経済状況が急に悪化したり、自然災害に見舞われた時です。国内の経済状況が悪くなっても海外にも分散しておけばリスクが減るのです。また国内でも一か所に不動産を集約せずに分散する事で自然災害のリスクも軽減できます。

様々な投資先に分散する

資産運用を上手く長期的に行うには突発的な相場変動に対応できるような対策が必要です。その一つとして投資先を分散する事があります。資産運用と言っても投資先には様々な種類があり、偏った投資は急激な損失を出す原因にもなります。その為長期的に考えた時に利益が大きくなるように株式だけや不動産だけに資産を集めるのではなく、分散する事で一時的に大きな利益が出る可能性が失われても逆に短期間に多くの損失を出さないようにするのが大切です。例えば株式が世界中で暴落するような事があっても株式や外貨の相場が落ちた時に、相場が上がりやすい金やプラチナと言った実物資産を持っておく事で世界的な不況時にも資産の目減りを抑えられます。