成功すれば?資産運用で初投資

失敗しない資産運用とは

現代において、資産を運用することは極めて重要であり、人生をより豊かにするために必要なものです。
しかし資産運用には多くの方法があり、それぞれメリット・デメリットがあります。
代表的なものとしては、株式投資・為替取引・不動産投資・外貨預金などが挙げられますが、それぞれ特徴があり、また投資によるリスクが高いものもあります。
そのため資産を運用する際には、多くの商品に分散投資し、リスクを軽減する必要があります。しかし、個人で分散投資を行うためには多くの知識・経験が必要であり、初心者には困難であると考えられます。
そこで近年、「ファンドラップ」というサービスが注目を集めています。これは、個人の投資目的や投資方針に合わせ、分散投資を証券会社が代わりに行ってくれるというものです。どの商品にどれだけの比率投資するかなどを、国際的な経済状況に合わせて管理することで、資産が減少するリスクを抑えることが可能です。

NISAを活用するために

NISAとは、「少額投資非課税制度」のことです。これは株や投資信託などの運用益などを一定額非課税にするというもので、毎年120万までの非課税投資枠が設けられています。
NISA口座以外で取引した場合20.315%の税金がかかるため、少額で株や投資信託を取引する場合は必須といえます。
非課税枠は、2014年から2023年までの10年間、毎年120万円ずつ追加されます。非課税の期間は5年までとなっており、非課税枠を使った投資総額は600万円までと定められています。また非課税枠の翌年への繰越は出来ないため、早めに口座を作る方がより多くの非課税枠を得られます。
NISAを活用する上での注意点としては、FXなどは非課税対象外である点と、非課税枠を一度使うと再利用できない点に注意が必要です。活用法としては、株や投資信託の長期運用に向いているといえるでしょう。